アンキが消費者にAIとロボティックス提供

アップルはいつの一部をひっくり返します。そのoh-so-importantな未知のスタートアップにワールドワイド・デベロッパーズ・カンファレンス基調演説。彼らが若干の非常にクールなテクノロジーに対処していると、ティム・クック商会が思うとあなたは確信することがありえます。

それはアンキととても本当でした。そして、無名の開発者がiOSですることができることのためのポスター子供の時、それはあこがれのスロットのために選ばれました。舞台上でその時間の間、アンキは最初は単純なおもちゃの自動車レース・ゲームであるように見えることを見せました。しかし、実際はこれまでに消費者級の人工知能とロボティックスで最も先進の交差点であるかもしれないこと。

基調演説の数時間後にサンフランシスコでのインタビューにおいて、アンキ共同創設者とCEOボリスSofmanはそのアンキを話しました。消費者にAIとロボティックスを持ってくることに従事している。

アップルはアンキがiOSでしていることが明らかに好きでした。光学センサーのようなものでいっぱいに詰められる少し身体のレース車を制御するために、この秋始まっているおよそ200ドルの製品を買うユーザーは、彼らのiPhoneまたはiPod Touchesを使います。ワイヤレス・チップ、モーターとマイクロコントローラ。非常にテレビゲームのようなテクノロジーの物質界を除いて、テレビゲーム・キャラクタの特徴を引き受けている車で生き返ると、彼が思うSofmanは言いました。

AnkiDrive。彼らがカーネギー・メロンで600,000ドルの自主的な車両に取り組んで学んだものを消費者向けレベルに持ってきたいという創設者の願望から、それは出てきました。「4つの局面全体で何百または何千もの行動さえ分析する」ことによってリアルタイム位置決め、理由と処刑を処理するために構築されるシステムはあるとSofmanは言いました。

レース・ゲーム(プレーヤーが車を操縦することができることを意味します)において、それをもう一つと競争させてください。そして、何千ものシナリオ(特定の任務を進めている間すべて)を考慮に入れているトラックのまわりで、各々の車両はうなります。そして、より速くてよりスマートでアンキは、まだ任務がレースに勝つことを越えて、何であるかについて言っていなくて、WWDC基調イベントでその舞台上でデモの間にいるとSofmanは3人が個々の車を操縦した状況から示しました。

バルク品とリテール品の特徴

パソコンを自作する場合、パーツを購入する必要があります。
そんなときに「バルク品のほうが安いよ!」「リテール品のほうが安心かな~」といった風な言われ方をすると「何が違うの?」と思う人もいるかもしれません。
そこでここではバルク品とリテール品の特徴について紹介していきたいと思います。
自作パソコン初心者の方は必ず覚えておくようにしましょう。

バルク品の特徴

自作パソコンで多く使われているのがバルク品です。
バルク品というのはパソコンを組み立てる際に余ったパーツのこと。
それをパソコンショップが売っています。

このような話を聞くと
「保証期間が無いんじゃないの?」
「ちゃんと動くの?」
というイメージを持つ人がいますが、きちんと保証期間があります(3ヶ月や6ヶ月など比較的短いことが多いですが)し、ちゃんと動きます。
もしも動かなかったら初期不良品として交換してくれるので安心を。

バルク品は簡易的な包装で販売されていることが多く、とにかくリーズナブルな価格で購入することができます。

リテール品の特徴

リテール品は「パソコンパーツ」として販売することを目的としたものです。
バルク品は余ったパーツ、リテール品は商品として作られたパーツ、と覚えておきましょう。
そのため、リテール品はきちんとパッケージに入っていますし、取扱説明書、メーカー保証書が付属しています。

料金がバルク品よりも高いことが多いのですが、保証期間が1年以上と長く、場合によっては3年もの保証期間が設けられているものも。
また、パーツと関連するソフトが添付されているケースがほとんどなので、手間なく自作PCに導入することができるのも嬉しいポイントです。

どちらを選ぶべき?

自作PCの知識を持っている人であればバルク品で良いと思います。自作PC比較ランキングを見るとやはりデスクトップにはバルク品が搭載されていますね。
自作パソコンのメリットはなんといっても安く組み上げることができる、という部分ですので、バルク品で安くパーツを揃えて組み立てるところが魅力です。
ただリテール品の保証期間の長さはやはり魅力的ですので、消耗が激しいパーツや単価の高いパーツはリテールに、というのも良い考えだと思います。