FF14のジョブシステムについて

FF14の大きな特徴としてジョブシステムがあります。これは戦闘系のクラスを成長させると発生するクエストをクリアすると手に入るクリスタルを使って切り替える事が出来る事実上の上位クラスと言えます。これにチェンジを行えるようになると専用のレリックやアーティファクトを装備する事が出来るようになる他に専用のアクションも使用可能となります。またベースとなったクラスのアクションも共有する事が出来ますので非常に有利です。しかしながら取得数は無制限なので一人で同時に複数のジョブを取得する事は出来ますが、チェンジを行うとアディショナルアクションには制限が発生します。そこでこの二つは自由に切り替える事が可能となっており経験値は共有されます。ジョブはベースクラスに対応する形で派生し、ナイトと戦士と竜騎士とモンクと吟遊詩人はファイターの職能に属しており、黒魔導士と召喚士と学者と白魔導士はソーサラーの職能に属しています。どちらかというとジョブというのは多人数のパーティー向けのプレイに向いており各役割を明確化している存在と言えます。またオンライン専用のゲームですので頻繁にアップデートが行われていて常に進化しています。